シヴァ ベリーダンス教室ブログ:東京都港区赤坂(SHIVA Belly Dance Blog)

2015/5/17
SHIVAがフランクリンメソッドのエデュケーターに認定されました

フランクリンメソッドとは

http://franklinmethodjapan.com/FranklinJapan/FMJ_Home.html

世界中の名だたるバレエ学校やダンサーやアスリート、音楽家、身体を使って表現するプロ達がこぞって導入している革新的なムーブメントの教授法です

1、機能解剖学を、独自の経験的解剖学、生体力学を使って教えます
2、ダイナミック・イメジェリーを用い、得た情報を自分の身体で感じ、体現します
3、ボーンリズムⓇを使ったムーブメントを通じて、身体に恒久的な変化をもたらします

身体は本来どう機能するようにデザイン・設計されているか?というしくみそのものを非常に画期的な方法で教えるメソッドです

SHIVAより

ベリーダンスは多くの方が大人になってから始めるダンスです
かくいう私も30代後半に差し掛かった頃、このダンスに魅了され以来20年弱、国内外で修行を重ねてきました
ある程度上達して教える立場になってからは、いくら練習しても自分の思ったような成果は得られず、矛先を変え他のダンスや武道、ボディワーク、はたまた解剖学や西洋・東洋医学など ベリーダンスの上達に繋がりそうな事は思いつくまま・目に付くままに学び、トライし続けてきました
踊りの向上は一つ一つの動きの質を高めることだとはわかっていても 自分の思った様に動けない・すぐに疲れる・練習量に対し上達がイマイチ・・・などの悩みから身体的・精神的に限界を感じていました

そんな状況で自分自身の身体や踊りに失望を感じていた頃、フランクリンメソッド創始者のエリック・フランクリン氏の初の日本での一般者向けのwsに参加しました


その内容はそれまで学んできた解剖学とは違い
「私達の身体は動くためにどのようにデザインされているか?」
「より良い動きとは?呼吸とは?姿勢とは?」など
本来当たり前であるはずの「動くための身体」の実験、実践の場でした
正に目から鱗!鱗!鱗!鱗が幾重にも剥がされました
このws中に浮かんだイメージは

「もしかしたら私も今世では諦めていた踊りが実現できるかもしれない!」
というものと

もう一つ!


フランクリン・メソッドにより「より良く動ける身体」手に入れた生徒さんたちがイキイキと踊る姿

この2つです
ブルっと武者震いが起きました
このブルっ はベリーダンスと出会ったときと同じ感覚でもありました


従って迷うことなく
フランクリンメソッド エデュケーター三期生の申し込み1番!になりました
以来2年にわたるトレーニングを修了

修了後の現在はというと
レッスンやショー本番でも動きが楽で楽しい♪
各バーツの稼働域が変化
床との接地面が広がった
音の聴こえ方が違う
疲れにくい
顔の輪郭・身体のパーツがくっきり・すっきり
オーラがパワーアップ←これは生徒さんからの声

現在はスタジオの生徒さんをはじめ
ダンスに行き詰っている方や動きに痛みや疑問がある方
またライフワークである シニア向けのベリーダンスクラス&骨盤庭筋群トレーニングワークショップでも
フランクリンメソッドを指導に導入しています


人類史上最古と言われるベリーダンス
このベリーダンスを通して身体と向き合ってきた
私、SHIVA ならではのフランクリンメソッドを一人でも多くの方と共有したいと思っております

 

 


SHIVA Belly Dance Web
Copyright (c) 2018 SHIVA Belly Dance All Rights Reserved. Web Produce by soundboard.